POBoxの自作スキンを作る

ATOKやShimejiなどのAndroid向けには背景画像を自分で選択できる機能が存在しますが、Xperia向けIMEであるPOBoxにはSony側が用意したスキンに変更することしか出来ません。そこで「じゃあいっそのことスキンを自作しちゃえ」と思い、実際にやってみました。面倒ですが、やることは単純なので、手順がわかれば誰にでも作ることは可能だと思います。

ちなみに僕はXperiaを所持していないので、HTC JにPOBox5.1移植版apkをインストールして使用しています。

スキンをイチから作れ、というのはさすがに初心者には無理があるのでベースとするPOBox用スキンをPlayストアからインストールし、ESファイルエクスプローラーなどからapkを抽出し、パソコンへ転送します。出来るだけ自分の作ろうとするスキンのテーマに近いスキンを選ぶことをおすすめします。

Screenshot_2013-07-28-17-03-39

ESファイルエクスプローラーのアプリマネージャからDropboxやGoogleドライブにアップロードするのが一番楽だと思います。

apkがPC側に用意できたら、今度はapkをデコンパイル(解体)する準備をしましょう。
今回、apkのデコンパイルにはapk-multi toolを使用します。この手の作業には欠かせないソフトです。

APK Multi-Tool

ここから最新版をダウンロードします。2013年7月30日現在の最新版はVersion 1.0.11です。

ダウンロードしたzipを解答し、APK-Multi toolフォルダ内にあるSetup.batを実行します。

tool1

このような画面が出てくるので、「3」と入力しEnter。画面が変わり「Creating…」という表示がいくつか出てきて、最後に「続行するには何かキーを押してください・・・」と出てくるのでテキトーにEnterでも押しましょう。するとトップの画面に戻ります。今度は「00」と入力しEnterで終了させましょう。

するとAPK-Multi toolフォルダにいくつか新しいフォルダができていると思います。その中の「place-apk-here-for-modding」というフォルダに、先に用意したベースとするスキンのapkを配置します。

配置したらScript.batを実行し、「何かキーを押してください・・・」と出るはずなのでEnterでも押すと、ずらずらっと英語の文字の羅列が。
apk
まずは作業をするapkを選択しなければならないので、「24」と入力しEnter。すると「place-apk-here-for-modding」に配置したapkが一通り表示される(と言っても今回はじめて使う方は一つだけでしょうが)ので、作業をするapkの番号を入力しEnter。トップ画面に戻るはずなので、今度は「9」を入力しEnter。以下、今回使用するapkを「○○○○.apk」として説明していきます。

画面が移りデコンパイルが始まり、しらばくするとトップ画面に戻ります。一旦ツールは最小化させ、Apk-Multi tookフォルダ内の「project」フォルダを開くと、デコンパイルしたapkと同じ名前のフォルダがあります。コレの中身がapkの元になっているファイルたちになります。幸いPOBoxスキンアプリの構造は至ったシンプルなので画像の差し替えとアプリ名などに関する部分の記述変更だけの作業となります。

まずはキーボードの背景に関する画像の部分を差し替えます。
APK-Multi-Toolprojects○○○○.apkresdrawable-hdpiにある「keyboard_background.png」「pobox_application_skin.png」「screenshot.png」がキーボードの背景となる画像なので、自分が背景に使いたい画像を元の画像と同じサイズに切り抜き、ファイル名をそれぞれ変更、drawable-hdpiフォルダに配置しファイルを置き換えます。

APK-Multi-Toolprojects○○○○.apkresdrawable-xhdpiにもサイズが異なる同名のファイルがあるので、先ほどと同じように、背景に使いたい画像を元の画像と同じサイズに切り抜き、ファイル名を変更、drawable-xhdpiフォルダに配置しファイルを置き換えます。

apk1
自分はましろ色シンフォニーの画像でスキンを作ってみることにしました。桜乃かわゆす(*´ω`*) (諸事情で以下はXPを使わせていただきますが、Vista/7/8でも問題ないはずですのでご心配なく)

各画像ファイル、jpgでなくpngですのでご注意を!!!

お次はキーボードそのもの(といえばいいのだろうか)の画像を差し替えます。
差し替えといっても今度は元の画像を流用します。ただ画像編集ソフトで透過させるだけです。そこら辺の作業についてはここでは省きますので分からない人は「画像 透過 方法」などでぐぐってください。決してサボってるわけではありません!!!

背景画像差し替えの時と同じように、drawable-hdpiフォルダとdrawable-xhdpiフォルダにそれぞれサイズの異なる「funk」から始まる名前のpngファイル、「keybg」から始まる名前のpngファイルが複数あるはずなので画像編集ソフトで透過させて、そのまま上書き保存してください。

次はアプリ名に関する記述の変更を行います。まずAPK-Multi-Toolprojects○○○○.apkに配置されている「AndroidManifest.xml」を編集します。(右クリックから編集をクリック)

apk2
(※書き換え後のスクショです)
三行目に「com.sonyericsson.android.pobox.skin.○○○○」という記述があるはずなので、○○○○の部分を書き換えてください。アニメとかの背景であれば無難にアニメのタイトルやキャラの名前にしておくのがよいでしょい。

そして最後にもう一つ
APK-Multi-Toolprojects○○○○.apkresvaluesに配置されている「strings.xml」を編集します。

apk3
(※書き換え後のスクショです)
四行目に「○○○○」という記述があるはずなので、○○○○の部分を先ほどと同じように書き換えてください。

これでapkの編集作業は終了です。あとはコンパイル(圧縮)をして署名するだけです。

デコンパイル完了後、最小化させておいたツールを開き「11」と入力しEnter。しばらくするの1~4の選択枝が出てくるので「3」と入力しEnter。しばらくすると最初の画面に戻ります。これにて作業は終了となります。

コンパイルされたapkファイルはAPK-Multi-Toolplace-apk-here-for-moddingに「signed_○○○○.apk」という名前で保存されます。この名前は変更する必要はありませんが見栄えも悪い(?)ので、変えておきましょう。

あとは携帯に送り、そこらの野良アプリと同じように手動インストールすればスキンが携帯にインストールされているはずです。
設定>言語と入力>POBox Touch(日本語)>キセカエキーボード選択
で変更ができます。

余談ですが、今回の記事を読み返してみて自分の文章力の無さを実感しました・・・ かなり分かりにくかったと思います。分からないところがあったら・・・ゴメンナサイ

Screenshot_2013-09-16-00-21-21

それではお疲れさまでした。オリジナルスキンなPOBoxをお楽しみください。