MacにSublime Text 3をインストールし日本語化する方法まとめ

無料で高機能なテキストエディタ「Sublime Text 3」をMacにインストールして日本語化する手順を簡単にまとめておこうと思います。

まず、今回参考にさせていただいたサイト様はこちらです。

Sublime Text 3本体のインストール

まずは公式サイトよりOS X向けのdmgファイルをダウンロードします。

Sublime Text – Download

ダウンロードが完了したら開きます。

pic-1

するとこのようなウィンドウが開くので、左のアプリケーションフォルダへドラッグアンドドロップします。これでインストール作業は完了です。

Sublime Text 3を日本語化する

LaunchpadなどからSublime Text 3を起動させます。

pic-2

View>Show Consoleをクリックします。

pic-3

以下をコピーして貼り付けし、returnキーを押します。

[code ruler=”true”]
import urllib.request,os; pf = ‘Package Control.sublime-package’; ipp = sublime.installed_packages_path(); urllib.request.install_opener( urllib.request.build_opener( urllib.request.ProxyHandler()) ); open(os.path.join(ipp, pf), ‘wb’).write(urllib.request.urlopen( ‘http://sublime.wbond.net/’ + pf.replace(‘ ‘,’%20’)).read())
[/code]

pic-4

続いて、Shift+Command+Pを押します。ここに「install」と打つと「Package Control: Install Package」と出てくるのでこれをクリックします。

pic-6 pic-7

そのままここに「japanize」と打つと日本語化ファイルが見つかるのでこれをクリックし、「Package Control Messages」が表示されたら一段落です。


FinderでUserフォルダ(あなたのユーザー名)を開きます。ここで私は躓いてしまいました。ライブラリフォルダが見当たらないのです。

pic-5

ということで、歯車マーク→表示オプションを表示をクリックし、「”ライブラリ”フォルダを表示」にチェックを入れるとライブラリフォルダが現れます。
ライブラリフォルダを開き、Application Support>Sublime Text 3>Packagesを開きます。そしてここ(Packages内)に「Default」フォルダを作成します。

pic-8

次に、japanizeフォルダ内にある”.jp”とあるファイルをすべて先ほど作成したDefaultフォルダへコピーします。ここで忘れてはならない作業があります。Main.sublime-menu.jpファイルの.jpを消します。

pic-9

右側の選択肢をクリックして.jpを消します。

最後に、japanizeフォルダ内にある”.jp”とついていない「Main.sublime-menu」をUserへコピーします。これでSublime Text 3を見ると日本語化されているはずです。


やや作業が多いのでわかりにくかったかもしれませんが、日本語環境の方がいいという方は日本語化してしまうと作業効率もアップすると思うので、ぜひお試しください。最後に、Sublime Text 3を日本語化できるようにしてくださった方々に感謝です。
何か不明な点などありましたらコメント欄等で教えていただけると嬉しいです。