自撮りを極めろ!Aukey Selfie Monopod Stick!

Aukey様より自撮り棒「Aukey Selfie Monopod Stick HD-P8」をレビュー用にいただいたので、ご紹介したいと思います。

なぜかGadget Drawerライター各位から自撮り棒レビューの推薦をされました、もつにこみです。よく「THE 陰キャラ顔」だと言われますが、推薦されたからには書いてやろう!ということで今回Aukey様のSelfie Monopod Stick HD-P8のレビューをしていきます。

DSC_0197

薄いダンボールのような質の箱で、デザインもシンプルでGOOD シンプルイズザベスト

DSC_0198

内容物 説明書、保証書、ストラップ、そして自撮り棒が入っています。

DSC_0199

手持ち部分はゴム素材、シャッターボタン部分はプラ素材となっています 見た目に安っぽさはありませんね。

DSC_0200

説明書は各国共通のもので日本語ページは最後の方にあります 日本語訳はちゃんとして欲しかったですね…… どうやらこのボタンは正確にはボリュームキーに割り当てられているようで、カメラ設定でボリュームキーをシャッターに割り当てる必要があるみたいです。
つまるところ、このボタンはカメラを起動していない時はただのボリュームキーになりますので使用シーンによっては注意が必要です。

IMAG3994

というわけで早速撮影に向かいましょう!Z1fが転がってたのでコイツを取り付けていざ!

つかってみた

DSC_0186

撮影は夕刻の恵比寿ガーデンプレイスで行いました 陰キャラ顔の大学生がぼっちで自撮りをする場所にはあまりにもつらすぎる場所ですが周りの目など気にせず撮影と行きましょう 早速目の前の女の子たちに笑われてる気がしますが気のせい気のせい

IMAG3992-02

撮影イメージ 自撮り棒がガッチリしているので、しなりなどもなく安心感があります。

Z1fのインカメの画角は決して良いものとはいえず、自撮り棒なしに自撮りをしようものなら……

DSC_0179

手を伸ばすことと撮影角度を合わせることに集中しすぎて表情に余裕がなくなってしまいます!!!これではいい写真が撮れない!!!!

DSC_0177

しかしこのSelfie Monopod Stickを使うとどうでしょう?撮影位置が自撮り棒の分だけ遠ざかり画角が広がり、更にシャッターボタンは手元にありますから撮影に余裕が出来、ワタクシもついこの表情です。陰キャラ精一杯の笑顔です。

DSC_0168

自撮り棒のいいところは撮影パターンの選択肢が広がること 自分の腕だけでは厳しいローアングルからの上空を絡めたも簡単です。

DSC_0163

もちろんハイアングルからの撮影も楽々です しかし周りに人が居ないのはどういうことなんでしょうか。

DSC_0158

固定はガッチリしていますが固定角度が調節は容易に出来るので頭皮の確認にも持って来いです。禿げてないです。

DSC_0175

画角が広がることは景色と絡めやすいだけでなく、大人数での撮影でも有利であることをお伝えしたかったのですが、生憎付き合ってくれる方はおらず当日は一人でしたので……

「Selfie Monopod Stick」という名前の通り、”自撮り棒”として売りだされているものにはなりますが、要は”伸びる棒”ですから。

DSC_0165

ちょっと高い位置から撮りたいなーと思ったとき。

DSC_0166

上に伸ばして使えます。人混みとかでは有利かも?

思ったこと

自撮り棒全般に言える話ですが、先ほども述べた通り自撮り棒は”伸びます”ので、手ブレによるブレ幅が大きく、スマホの手ぶれ補正ではどうにもならないシーンも出てきます。画角が広がる代償と言えばそれまでですが、夜間撮影には向かないのが残念ですね……
また、インカメ使用前提の商品なのでインカメの性能が低い端末だとせっかくの写真もキレイに撮れなかったりするかも。実際今回の撮影でもド逆光でインカメ使用はかなり厳しいものがありました。

selfie

自撮り文化が広まり、自撮り棒もそこらのネットショップや雑貨屋で気軽に買えるほどに一般化、言ってしまえば”ありふれた商品”となった今、正直この商品そのものを評価するのが難しいなと感じました。捻りがないもなにも、顧客が”自撮りが出来るモノ”以上のものを求めていないのだと思います。そうした中で質感や使いやすさが”適度”なこのSelfie Monopod Stick、値段もAmazonでは999円と1000円を切る値段でちょうど良い商品だと感じました。
今回レビューを行ったのはイヤホンジャックに端子を差し込む有線タイプですが、Bluetooth接続の無線タイプも同価格で発売されています。少しでも見た目を気にする方なら無線タイプ、手っ取り早さを求めるなら有線タイプ、オススメです!

おわり

今回のレビューは如何でしたか。レビューというかただの自虐記事になってしまいました。期末試験が終わったばかりなので半ばヤケクソです。でもフリー素材ではないからね!

Aukey様、今回はステキな商品をありがとうございました!ではでは

DSC_0184