ついに発売!iPhone 7開封&iPhone 6とのフォト比較

2016年9月16日、遂にAppleのiPhone 7およびiPhone 7 Plusが発売されました。予約自体は一週間前より開始され、新色となるジェットブラックは当日在庫がないといった予期せぬ出来事もあったようですが、私は無難に使いたいのでiPhone 7を選びました。

初回ということで、簡単に開封からiPhone 6との違いを見ていこうと思います。

iphone7-1

写真の背景が汚く申し訳ないのですが……今回の箱は、またiPhone 6sとは違ったデザインになりました。というのも、iPhoneの前面でなく背面の写真がプリントされていますね。
それぞれのカラーバリエーションによって異なるのだと思います。

iphone7-2

まずはいつもの付属品。SIMピンやAppleのロゴステッカー、簡単なガイドが入っています。

iphone7-3

続いて本体を取り出すと、LightningケーブルやLightning端子になった新しいEarPodsが入っています。

iphone7-4

そして、今回からイヤホンジャックがなくなったため、Lightningとジャックの変換も同梱。

iphone7-5

こちらがiPhone 7本体。これまでと大きな違いは見受けられませんね。

iphone7-6

しかし、背面を見るとこれまでアンテナのために入っていたDラインがなくなりました。すっきりとしたので、デザインとしては向上したのではないでしょうか。

iphone7-7

ステレオスピーカーが搭載されましたが、イヤホンジャックは消えました☆

iphone7-8

一番触ってわかりやすい大きな違いとしては、ホームボタンがボタンではなくなったということ。円形の部分はTaptic Engineというものでバイブレーションによるフィードバックがあるため、あたかもボタンを押し込んでいるような感覚に陥ります。

しかし、既にMacのトラックパッドでも採用されているようなレベルではないため、過度な期待は禁物です。

iphone7-9

カメラ周りも変わりました。依然出っ張っているものの、6sよりも統一感のあるデザインに仕上がっています。

iPhone 6との比較

iphone7-10

同色のゴールドを持っていたので、2世代前になりますがiPhone 6とのデザイン比較です。やはり、前面こそは大きな違いは見受けられません。

iphone7-11

強いて言うならば、インカメラ部分の黒い範囲が若干広くなっており、さらには受話口も横長になっています。

iphone7-12

背面を見てしまえば一目瞭然ですね。6sまでのDラインは意外と酷評でしたので、iPhone 7の方が大衆にはウケが良さそうな印象です。


ということで、非常に簡単に開封レビューを行いました。まだ、Apple Payが使えない状況ですし、これから日々使っていく中で気づいた点を発信できたら良いのではないかと考えております。