【備忘録】NTTドコモの機種をWeb手続きでSIMロック解除する方法

NTTドコモより2015年5月以降に発売された機種は、申し込みをすることでSIMロック解除することが可能です。SIMロック解除することでドコモ以外の通信網でも使用できるようになります。今回はドコモの機種に絞った話ですが、SIMロック解除ができる条件とWeb上(My docomo)での手続き方法、他社通信網を利用する際の注意点についてご紹介します。

1. ドコモでSIMロック解除をする条件

NTTドコモのお客様サポートを確認すると、以下の条件に当てはまることが求められます。

SIMロック解除の基本条件

  1. 2015年5月以降に発売された機種であること。
  2. ネットワーク利用制限やおまかせロックが掛かっていないこと。(※1)
  3. 契約者本人の購入履歴があること。
  4. 購入日から100日経過した機種であること。(※2)
  5. 解約済みの場合、解約日から100日経過していないこと。

※1:
ネットワーク利用制限の確認方法はネットワーク利用制限携帯電話機確認サイトより確認できます。
※2:
即時SIMロック解除ができる例外として、機種を一括払いで購入した場合と、分割払いの残金を精算した場合が挙げられます。端末購入サポート適用中は解除料が発生しますのでご注意ください。

一番のポイントとしては、分割払いで購入したか一括払いで購入したかという点で条件分岐します。一括払いの場合は即時SIMロック解除を行えますので、100日経過を待つことなく申し込み手続きを行えます。詳しい説明はお客様サポートページに記述がありますので、参考までにリンクを掲載します。

2015年5月以降に発売された機種の手続き | お客様サポート | NTTドコモ

2. My docomoでSIMロック解除の手続きを行う

NTTドコモから好評発売中の「Galaxy Note8 SC-01K」を例に、SIMロック解除の申し込み手続きを行います。iPhoneを含むドコモのスマートフォンやタブレットは、My docomoから手続きを行う場合は費用がかかりませんが、ドコモショップや電話で手続きを行うと一律3,000円掛かりますのでご注意ください。

スクリーンショット01

SIMロック解除はMy docomoにログインし行う

まずはMy docomoにSIMロック解除する機種を購入したdアカウントでログインします。お一人でタブレットなど複数回線をご利用されている方は、SIMロック解除する機種の購入履歴が紐付いているdアカウントでログインしてください。

スクリーンショット02

dアカウントのログインフォーム

ご自身のdアカウントでログイン処理を行います。前述の通り、SIMロック解除をしたい機種を購入したdアカウントで申し込み手続きを行いますので、お間違いないようにしてください。

スクリーンショット03

2018年に刷新されたMy docomoのサイトデザインはよりシンプルになった。

ログインができましたら、サイト上部にある[契約内容・手続き]をクリックします。

スクリーンショット04

サイト最下の[その他]にある[SIMロック解除]をクリックしてパネルを展開させ、[お手続きする]ボタンをクリックする

下にスクロールさせ、[契約内容・手続きのメニュー]のカテゴリから探すという中の一番下に[その他]グループがあり、[SIMロック解除]をクリックし、青色の[お手続きする]ボタンをクリックします。

スクリーンショット05

IMEIと呼ばれる15ケタの番号を入力してSIMロック解除対象機種か照合される

続いてSIMロック解除を行う機種のIMEI(端末識別番号)を入力する必要があります。ここで初めてSIMロック解除を行う機種を操作し、IMEIを確認します。今回はGalaxy Note8の場合ですが、iPhone含むスマートフォンの場合は原則どのメーカーの機種でも共通です。

スクリーンショット06

スマートフォンのダイヤルアプリ(電話)を起動し、ダイヤルで[*#06#]と入力する

ダイヤルアプリ上で[*#06#]と入力すると、IMEI情報が画面上にポップアップされます。上記スクリーンショットでは打ち掛けの状態ですが、最後の「#」まで入力すると自動で遷移しスクリーンショットを撮影できないためです。

スクリーンショット07

IMEIの欄に書かれている15ケタの数字を控える

スクリーンショット08

My docomoの[SIMロック解除を行う機種の製造番号(IMEI)]欄に15ケタのIMEIを入力

My docomoに戻り、[1 SIMロック解除を行う機種の製造番号を入力]の[SIMロック解除を行う機種の製造番号(IMEI)]に控えた15ケタのIMEIを入力します。

スクリーンショット09

[SIMロック解除の注意事項]をクリックし内容を確認の上、[SIMロック解除 の注意事項に同意する]にチェックを入れる

[2 手続き内容を確認]に移り、手続き内容の[SIMロック解除を申込む]にチェックが入っていることを確認。下の注意事項にある[SIMロック解除の注意事項]をクリックして表示された内容を確認して閉じるボタンをクリックすると、[SIMロック解除 の注意事項に同意する]にチェックが入れられるようになります。

スクリーンショット10

[受付確認メールの送信先]を選択する

[3 受付確認メールの送信]の[受付確認メールの送信先]はご自身のご希望される選択肢をクリックし、次へボタンをクリックします。

スクリーンショット11

内容を確認して[手続き完了する]をクリック

SIMロック解除する機種に間違いがないかをよく確認し、[手続き完了する]をクリックします。

スクリーンショット12

[SIMロック解除コード]に表示された8ケタの数字を控える

無事に手続きが通るとMy docomoでの作業は終了です。ブラウザを閉じる前に、必ずSIMロック解除コードをメモしておきましょう。というのも、この時点ではまだSIMロック解除状態にはなっておらず、8ケタの数字はスマートフォン側で操作することとなります。

3. 端末を操作してSIMロック解除する

SIMロック解除の手続きは完了しましたので、最後に端末側の操作になります。電源を切り、他社SIMカードを挿入します。今回はmineo(Aプラン)のSIMカードを使用して、SIMロック解除を行います。

ピクチャ13

通称“SIMピン”を使ってSIMカードを差し替える

ピクチャ14

他社SIMカードをトレイにセット

ピクチャ15

[SIMネットワークのロック解除PIN]と書かれた下のテキストフォームに先ほど控えた[SIMロック解除コード]を入力する

テキストフォームが少し見づらいかもしれませんが、[SIMネットワークのロック解除PIN]と書かれたすぐ下にラインが引かれているテキストフォームがありますので、ここに先ほど控えた[SIMロック解除コード]を入力し、ロック解除ボタンをタップします。

スクリーンショット16

アンテナピクトが立つことは確認できるが、まだ通信できない状態

SIMロック解除が成功すると、アンテナピクトが立つようになります。しかし、この時点ではまだインターネット通信はできませんので、ここからAPN設定を行います。

mineo Aプランの場合

スクリーンショット17

[設定]→[接続]をタップ

スクリーンショット18

[モバイルネットワーク]をタップ



設定アプリを開き、上記スクリーンショットの順にタップして進めていきます。

スクリーンショット19

[APN]をタップ

スクリーンショット20

右上の[追加]をタップ



APNを設定する必要がありますので、新規追加をします。

スクリーンショット21

APNを設定する

APN設定は各通信サービスによって異なりますので、公式サイトを確認してください。今回はmineo Aプランですので、参考までにリンクを掲載しておきます。

ネットワーク設定 【メーカー選択】auプラン(Aプラン)|初期設定と各種設定|mineoユーザーサポート

スクリーンショット22

すべて入力できたら右上の[・・・]をタップし[保存]をタップ

スクリーンショット23

4Gアイコンが出現



ここまでの設定を終えると、アンテナピクトの隣に4Gアイコンが出現しました。今回はmineo Aプランのため4Gのみ接続ですが、NTTドコモ系のMVNOやソフトバンク系MVNOの場合は3Gマーク(Hマーク)が初めに表示されるケースが多いです。

スクリーンショット24

インターネット通信ができました

最後にインターネット通信ができるかを確認。無事にページを読み込むことができました。これにてすべての作業は終了となりますので、お疲れ様でした。

4. ドコモ機種を他社通信網で利用する際の注意点

最後に余談になりますが、ドコモ機種をSIMロック解除して使用する場合の注意点についてご紹介します。ドコモから発売されている機種は、ドコモで快適に利用することを前提にチューニング・セッティングされているため、他社SIMカードを挿した場合は安定しないといったリスクもあります。

少し難しい話になりますが、今回SIMロック解除を行った「Galaxy Note8」は、国内ではauとドコモの2キャリアから発売されています。機種こそは全く同じものになりますが、auモデルとドコモモデルでは対応周波数が異なります。表にしてみると以下の通りです。

Galaxy Note8 SC-01K ドコモでの利用 auでの利用
Band 1
Band 3 ×
Band 19 ×
Band 21 ×
Band 28
Band 41(※) ×
Band 42

※:ドコモはBand 41の運用をしていませんが、Galaxy Note8 SC-01KはBand 41をサポートしているためau網では利用できるようになります。

auが保有している周波数をすべてカバーできないため、一部エリアでは不便に感じる可能性は起こりうると思います。例えば、“プラチナバンド”で有名になった800MHz帯(Band 18)は、SIMロック解除をしても使用することができません。

まとめ

今回はWeb上(My docomo)にて無料で簡単にSIMロック解除手続きを行う方法をご紹介しました。不明な点や間違いがあればコメント欄等でご指摘いただければと思います。昨今さまざまなMVNOが普及していますので、少なからずSIMロック解除のメリットはあるのだと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。