CP+2018 見学レポート − レンズを買いたくなった日でした

2018年3月1日〜4日にかけて、神奈川・パシフィコ横浜にて年に一度行われる「CP+」に足を運んできました。“カメラと写真映像のワールドプレミアショー”と題しているこの祭典、実に多くの企業・メーカーが出展しており、有名人を招いたトークセッションを公聴できるところも魅力の一つです。

見学レポートというタイトルとはややアンマッチですが、備忘録を兼ねて会場内で撮影してきた写真を中心にご紹介したいと思います。

写真1

SONYブースの様子

SONYのブースでは、先日発表されたばかりの「α7 III」実機を触れられる機会がありましたが、あいにく日曜日かつ最終日だったということもあり長蛇の列でしたので、おとなしく諦めることに。早く実物は見てみたいのですが、家電量販店などで見たいと思っています。

写真2

写真3

私はあまりビデオカメラについては詳しくないのですが、ど素人が眺めても思わず「強そう……(確信)」と言葉が漏れるほどビッグなカメラが展示されていました。この記事を書いている今、眠くて調べる気力すらないのでご了承ください。

写真4

レンズ群の展示

これだけ綺麗にディスプレイされていると思わず写真を撮りたくなる光景ですが、ズラリとEマウントレンズが並んでいます。私もEマウントユーザーなのですが、レンズ高いですよね!?

写真5

青く輝くZeissロゴ

なんとなく流れで見にいったのはカール・ツァイスのブース。ここも常に多くの来場者で賑わっていました。

写真6

ガラスの中には様々なZeissレンズが展示されていました。

写真7

Nikonブース

続いてニコンのブース。やはりここも人が多く、なかなか歩きづらかったです。ちょうどD850の公演を行っていたようでした。

写真8

ニコンのレンズは壇上にずら~っと並んでいました。手前と最上段にはカメラボディも揃っており、確認はしていませんが主要なラインナップはすべて揃っていそうなイメージです。

場内を歩いていると、遠目にコシナが見えたので急ぎ足で移動。もしかして、と思ったら期待通りの展示でした。

フォクトレンダーブランドのレンズが綺麗に展示されていました。

40mm f1.2ほしいなぁ……と思っているのですが、自分のカメラで試し撮りできました。ますますほしくなるので、酷いです(冗談)

ちょっとそれぞれピントが甘いものもありますが、すべてf1.2で撮影しています。50mmの単焦点は持っていますが、個人的にはやや使いづらいなと思っていたので、40mmはちょうど良さそうでした。5枚目の岩肌はよく見ると鳥肌が立つほど際立っているので、これは凄い!という感想でした。

中国メーカーDJIのブース

ドローンなどを中心に手がけている中国のメーカー「DJI」のブースも見てきました。

どちらかと言うとOsmo Mobileが気になっていたので触ってみたかったのですが、ここもやはり人気で諦めることに。

でかい

ちなみに、SIGMAのブースではかの有名な「SIGMA APO 200-500mm」を触ることができました。ちなみに、Amazonで購入できますのでどうぞ!

LAOWAブース

中国メーカーのAnhui ChangGeng Optical Technology(Venus Optics)社が展開するブランド「LAOWA」のブースもありました。

マクロレンズの展示があり、10円玉と100円玉硬貨がアップで映されています。

横から見てみるとこの距離。さすがですね。

会場内はモバイルルーター禁止

手抜きな内容になってしまいましたが、非常に興味関心を引かれるブースばかりでした。日曜日の最終日だったのでかなりの来場者でしたが、平日に来られる方は恐らく平日の方がゆっくり見られるかと思います。また、展示以外でもAdobeブースではLightroomの使い方講座のようなセッションも行われており、単に見学ではなく勉強にもなる良い機会だと思いました。

また来年開催されますので、少しでもカメラにご興味ある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?